主に独学で公務員試験に挑戦する人のために、自分の経験を踏まえた上で、お薦めの教材や学習のコツを具体的かつ丁寧に紹介しますので、参考にしてください。

俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜

学習計画

独学で公務員 長期の学習計画を立てる

更新日:

こんにちは。

今日は、僕が実際に実践した学習計画を紹介し、どのように計画を立てるべきかについて考えていきたいと思います。
計画については、大きく、1ヶ月単位の長期計画と、1日もしくは1週間の短期計画に分けることができると思いますが、今日は、長期の計画についてです。

 

僕が実践した学習計画

まず、このブログでも述べてきましたが、僕は半年の独学でした。勉強を始めた時期は11月中旬です。そして、筆記試験は早いところでは5月上旬にあったので、だいたい半年となります。11月から6月までの学習計画は以下の通りでした。

まず、勉強した科目について、専門科目は法律(憲法、行政法、民法、刑法)、経済学(ミクロ・マクロ)、政治学、行政学だけでした。教養科目は、文章理解、数的処理、資料解釈、政治・経済・社会、数学、生物、地学、日本史、世界史、地理、思想でした。
専門科目はそんなに手を広げず、教養は知識科目で安定した得点を取りたかったので、多くの科目をしましたが、一般知識はこれほど多くしなくてもいいです。むしろ、専門科目をもう少し多く勉強した方がいいかもしれませんね。
それから、公開模試はできるだけ多く受けるようにし、4つの予備校で、合計6回受験しました。

 

まず、1月は大学の学部の試験勉強に集中したかったので、公務員試験の勉強はほとんどしませんでした。そのため、1ヶ月ブランクがあります。僕の計画の特徴としては、当初から経済学と一般知能が重要と聞いていたので、これらの科目はできるだけ継続してやるようにしました。また、法学部だったので、法律は遅めでも間に合うかなということで遅めに開始し、3月から残りの科目をちょっとずつしていった感じですね。

やはり、どんな人であっても、経済学と一般知能は「早めに着手の継続学習」が重要だと思います。これらの科目は、長期間勉強して慣れる必要があるように感じました。また、僕は法学部でしたが、法律初学者の方は法律も早めに継続してやった方がいいです。

そうすると、法律、経済学、一般知能は最初から最後までして、行政系科目(政治学や行政学)や一般知識は、遅めでも良いということになりますね。

 

また、よく1つの科目を2ヶ月続けて、その後2ヶ月空けてからまた再開するような人がいますが、その計画はおすすめしません。公務員試験はほとんど暗記の試験です。科目も多いので、全体の暗記量は相当なものになりますし、復習をしないとすぐ忘れてしまうので、2ヶ月も間を空けるとかありえないと思います。間隔を空けるとしても1週間くらいまでにしたいですね。

 

あと、この表には面接対策の期間が書かれていないのですが、面接対策は筆記試験が全て終わってから、つまり6月下旬から開始しました。まあ、5月あたりから面接対策本は読んでいたのですが、時間がなかったので1次試験後になりました。正直、筆記試験が終わってからでも間に合うことは間に合いますが、余裕をもって対策をした方がいいのは言うまでもありません。


この表は、僕が実践したものですが、最悪これでも間に合う計画と捉えたほうがいいかもしれませんw
もう少し余裕をもったスケジュールでもOKですね。

 

勉強時間について

それから、公務員試験に合格するために必要な勉強時間についてよく話題になるというか、色んな意見がありますが、これは一概には言えません。当たり前ですが、公務員試験の試験種や個人の学歴などによって大きく変わります。ただ、強いて言うなら、大卒の行政職、国家一般職や地方上級の試験で、標準レベルの人が受験する場合は、1000時間くらいとか言われていますね。

参考までに、僕の場合、11月と12月は1日平均3時間、2月から4月は1日平均6時間、5月は1日平均9時間くらいでした。そうすると、ざっくり計算してちょうど1000時間くらいなんですね。1000時間というのはあながち間違ってはいないのかもしれませんが、こんなのはあてにせず、一応の目安程度に考えておいたほうがいいですね。

 

ただ、試験が近づくにつれ、復習をしっかりしていく必要がありますので、必然的に勉強する科目数が多くなってきます。そうすると、必然的に勉強時間も多くなってくるはずです。また、公務員試験に限らず、試験の直前期(1ヶ月前とか)は一番伸びやすい時期であると思うので、試験日が近くなるにつれ、勉強時間は増やしていきたいですね。詳しくは、短期計画についての記事で紹介します。

色々書きましたが、とにかく、計画を立てることは重要ということですね。
やはり、長期の計画は後々修正しにくいですから、予め決めておいて、短期の計画で少しずつ変更・修正するのが必要になってきます。計画を立てることによって、継続して勉強するようになりますしね。

 

後で時間がなくなって後悔しないためにも、計画的に進めていきたいですね。

では、今日はここらへんで。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。

-学習計画

Copyright© 俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.