主に独学で公務員試験に挑戦する人のために、自分の経験を踏まえた上で、お薦めの教材や学習のコツを具体的かつ丁寧に紹介しますので、参考にしてください。

俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜

専門科目(総論)

専門科目は「深く丁寧に」 ~おすすめ科目と避ける科目~

更新日:

こんにちは。

今日は、専門試験について、どれをしっかり勉強し、どれを避けるべきかについてまとめます。
専門試験でも、いわゆるカモ科目と地雷科目があるので、しっかり知っておくべきです。

 

法律系

憲法

国の最高法規ということで、法律を学ぶ上で、最初に勉強した方がいい科目です。それは、憲法が全ての法律に関わってくる法でもあるし、難易度が低いため、勉強しやすいからです。
この憲法は、おそらく全ての試験で出題されるほど重要科目です。専門試験のみならず、教養試験の例えば政治のところで出題されることもあり、絶対に勉強しておくべき科目ですね。

 

行政法

科目としての難易度はまあまあかなという印象ですが、ある程度慣れなければ厳しいかもしれません。覚える事項が多い科目ですが、ほとんどの試験で出題されます。問題数もまあまあ多く、得点源にしたい科目ですね。

 

民法

法律科目の中のみならず、専門科目の中でも、難しさはトップクラスです。難しいくせに、多くの試験で出題されるので、捨てることはできず、緻密な勉強が必要ですね。
条文の意味を理解することも難しく、条文を具体的な事例でどう使うかを問われることもあり、「暗記+理解」が必要な科目です。公務員試験の鬼門とも言え、民法の得意不得意は筆記試験合格に影響を及ぼします。

 

刑法、商法、労働法

難易度は普通くらいで、法律科目としては、学習していて楽しいけど、試験でそんなに点数を稼げない科目です。点数を稼げないといのは、出題される試験が少なく、出題されても少しだけなので、試験の合否にはほとんど影響しない、どうでもいい科目といえます。
このように、基本的にはどうでもいい科目なので、はりきって勉強するのはお門違いです。そんな暇があれば、民法や後述する経済を勉強した方が賢いですね。

 

行政系

政治学

科目としての難易度は低いけど、試験問題としての難易度が高い科目です。問題の難しさはうまく説明できませんが、例えば、政治思想の問題なら、ある思想家の政治思想が問われるのですが、その思想家と別の思想家の考え方と入れ替えてあったり、その本人の考え方であっても、微妙にずれていることがあり、正誤判断が難しいことも理由の1つです。
ほとんどの試験で出題され、教養試験でもたまにでてくるため、勉強しておくと色んなところで役にたちますが、専門科目としてはあてにしない方がいい地雷科目です。

 

行政学

科目としての難易度は低めで、多くの試験で出題され、他の専門科目での出題や教養試験の中での出題もあり、幅広く使える科目です。
多くの試験で出題され、しかも簡単なので、個人的にはおすすめ科目の1つです。

 

社会学

いくつかの試験で出題されますが、この科目を選択している人はあまりいないですね。社会学部出身者などはよく選択しているようですが、特に重要な科目というわけではなく、マイナー科目の1つです。ただ、他の科目とかぶる部分があることや、勉強しやすいという点から、選択するのもありです。

 

国際関係

他の専門科目や教養科目でも出題され、また、時事の勉強もできるのですが、難しい印象を受けます。国際関係を勉強していて、高得点を取ったと言う人よりは、失敗したと言う人の方が多い気がします。

教養科目の政治・経済で、この国際関係からの出題がたまにあるので、そういうところで役に立つのかもしれませんが、試験科目として対策しにくいのでおすすめしません。

 

経済系

経済学(ミクロ経済、マクロ経済)

図やグラフを見て計算したりするものが多く、技術的な回答が必要になる科目で、苦手な人が多い印象です。勉強を始めたての頃は、苦戦するかもしれませんが、慣れたら、簡単に点数を取れる科目ですし、ほとんどの試験で出題されるので、捨てるときついですね。
難しいかもしれませんが、パターンを覚えれば機械的に解けるので、我慢して勉強していきたい科目です。

 

財政学、経済事情

僕は、この2つも勉強しませんでした。特に必要性を感じなかったからですが、周りには結構、財政学を勉強している人がおり、捨て科目ではなく、そこそこ人気科目なのかなという印象です。経済学を勉強すると、財政学をスムーズに進めることができるので、経済学が得意な人や、経済の知識を他の科目に使いたい場合は選択してもいいです。

多くの試験で出題され、他の分野や時事の勉強にも繋がるので、勉強すると得する部分が多い科目ですね。

 

経営学

面白い科目らしいですが、他の科目にほとんど関連していないので、他で役に立つことはなく、重要度は低いです。
試験問題の難易度に波があるようなので、あまりあてにしないほうがいいかもしれません。

 

その他

会計学

出題される試験はかなり少なく、単純におすすめしません。
公務員試験としては、全く重要ではないけど、就職してからはかなり重要になる科目です。まあ、公務員試験を受験する段階では気にせず、捨てておけばいいということですね。試験合格後や就職後に勉強すればいいです。

 

心理学、教育学

これは、初学者の場合、勉強してはいけない科目といってもおかしくないですね。
出題試験、出題科目からして重要度は極めて低く、公務員試験の専門科目の中で一番マイナーですね。

以上が専門科目の概要でした。
一応断っておきますが、選択する科目は、これまでに習った科目や出身学部等、それから試験種によっても変わります。
僕は、法学部でしたので、社会学や教育学は不要だと思いましたが、社会学部や教育学部の方からすれば、楽勝科目だと思います。自分にあった科目を見つけたいですね。

ここで、表を載せておきます。これは一般論としての表なので、試験種ごとに重要科目は若干異なるため、参考程度にしてください。表は、難易度、出題される試験の数、出題された場合の出題数、他の科目にも役に立つか、という観点から総合的にまとめました。
赤字は個人的な、もしくは周りの人を見た結果の、おすすめ科目です。

それでは、今日はこのへんで!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。

-専門科目(総論)

Copyright© 俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.