主に独学で公務員試験に挑戦する人のために、自分の経験を踏まえた上で、お薦めの教材や学習のコツを具体的かつ丁寧に紹介しますので、参考にしてください。

俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜

試験合格のための教示

独学で公務員 過去問演習についての教示

更新日:

こんにちは。

今日は、過去問演習についてです。

 

過去問演習の意義

まず、問題演習(過去問)ってなんのためにするかってことです。
大きく分けると、

1、知識のアウトプットができる

2、出題形式を知ることができる

3、出題傾向を把握できる

4、自分がどれだけ解けるか分析できる

この4つができるため、問題演習は必要なのだと思います。

 

まず、1についてですが、テキストで覚えたとしても、実際に問題が解けるかどうかは別です。やはり、一度過去問を解いてみいて、知識をアウトプットすることでようやく定着すると思います。特に、問題に慣れる必要がある経済学や民法あたりは、過去問演習の重要性が他の科目に比べて高いですね。

 

そして2です。
覚える段階では、テキストやノートを見て覚えるわけですが、実際、どこが出題されるのかは問題を解くまでわかりませんよね。例えば、憲法では、様々な判例がでてきますが、重要な判例や有名な判例には、事件の名前がついています。マクリーン事件とか、朝日訴訟とか。そこで、初めて学習する人は、とにかく全部覚えようとするわけです。テキストには事件の名前も載っているので、事件名から、事案、判旨、結論まで全て覚える人もいるかもしれませんが、実際の問題で事件名を問われることはまずありません。それなのに、一生懸命判例の名前まで暗記しようとするのって、あほらしくなります・・・。
まあ、これは極端な例ですが、だいたいそういうことですね。だから、問題を解いて、どこが問われるのかを知る必要があるのです。

 

次に3です。
出題には傾向があり、どこが出やすく、どこが出にくいかが決まっています。例えば、民法の総則では、制限行為能力者や代理、意思表示などが頻出で、逆に、条件・期限なんかあまり出題されないのです。だったら、勉強にかける時間は出やすい部分に使って、条件・期限みたいなところは軽くしておけばいいわけです。この時間配分を間違えると、おおきな損をします。
そのため、どこが狙われやすいかをよく把握することが必要です。

 

最後に、4ですね。
自分がどれだけ解けるかということですが、これは色んな面から自分の実力を測ることができるということです。当然、覚えているかどうかを試すことができますが、覚えていても、自分がどれだけ時間をかけて問題を解けるかも知っておく必要があるのです。
特に教養試験では時間切れになるのが通常です。どれだけ解けるかに加えてどれくらいの時間で解けるかも把握しておくといいですね。

 

過去問演習の進め方

では、どのように過去問演習を進めていくのがよいのでしょうか。
これまでの記事でも述べたことがあると思いますが、メリハリをつけて過去問を回すことです。

過去問を自分で解いていくスタイルにしろ、成文化でテキスト代わりに用いるスタイルにせよ、解きにくい部分、難しい部分、覚えにくい部分が出てくるはずです。そういうときには、気になった問題に印をつけておくと、2周目以降学習しやすくなると思います。

 

参考までに、僕が使っていたスー過去を紹介します。一応、記念としてまだ全部残しているのですが、正直邪魔なんですよね・・・。

正解肢ではなくても、重要な事項が書いてあれば下線を引いて、選択肢全体が重要そうであれば、問題番号に○をつけていました。特に2周目以降は、印がある問題だけを眺めていく感じでしたね。

このように、覚えにくい事項などにチェックしておいて、暇なときにそれを見返すという方法は効率が良いです。膨大な量を暗記しなければならない公務員試験では、常に効率の良さを考えたいですね。

ちなみに、このスー過去は成文化という処理を施してあります。正解肢以外の選択肢を正しい文章に直すのです。これも効率よく勉強していく方法の1つで、僕はほぼ全ての科目を成文化でこなしました。成文化については、また機会がれば紹介したいと思います。

 

以上が過去問演習についてでした。おわかりになったら参考にしてください。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。

-試験合格のための教示

Copyright© 俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.