主に独学で公務員試験に挑戦する人のために、自分の経験を踏まえた上で、お薦めの教材や学習のコツを具体的かつ丁寧に紹介しますので、参考にしてください。

俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜

受験体験記

独学で公務員 情報収集の重要性~情報戦を勝ち抜く秘訣~

更新日:

こんにちは。

3月に入り、気温も上がってきましたね。春の訪れを感じるとともに、試験勉強をされている方は不安や焦りを感じている頃だと思います。僕自身も今頃の時期は追込みの時期で、毎日勉強漬けの日々でした。そこで、3月の段階ではどのようなことをしていたのかとふと考えてたのですが、多くの情報を漁るのに必死であったことを思い出しました。

そこで今日は、公務員試験における情報収集の重要性についてまとめます。

 

公務員試験は情報戦

さて、みなさんは公務員を目指しているわけですが、公務員試験って受験申し込みから筆記試験の科目から面接対策まで、システムがわかりにくいですよね。具体的にどのような職種があり、どのような試験に合格すれば内定がもらえるのか、全くわからないと思います。特に、独学の場合は誰も教えてくれないので、自力で情報を集めないとだめですね。

 

公務員試験合格の鍵は、自分に有益な情報を1つでも多く集めることだと思います。

筆記試験の専門科目1つとっても、どれが地雷でどれがカモか決まっていますし、面接試験では、集めた情報を元に自分の言葉で受け答えしなければなりません。

知っているか知らないかで、筆記試験の点数、面接での印象が随分と変わるものです。
まさに、公務員試験は情報戦だと言えます。

 

具体的な情報収集の仕方

では、そんな情報戦を勝ち抜くために、どのように効率よく情報を集めていけばよいのでしょうか。

ここでは、主に2次試験のために僕が実践した情報収集の方法を紹介します。特に、独学で公務員試験合格を目指している方は参考にしてください。

 

公務員ガイダンスに参加する

最初に思い出したのは、試験合格者の話を聞くガイダンスなどに参加していたことです。これには、後述する業務説明会の中で行われる座談会のようなものもありますが、大学などでその大学の先輩方が経験談を話してくれるものもあります。

まあ、ガイダンスと言っても、向こうの話を一方的に聞いて質疑応答を少しする感じです。僕自身も、大学の公務員ガイダンスで試験合格者として話をしたことがあります。

 

このガイダンスに参加することの良い点は、実際に試験に合格した人が苦労したことや先輩からのアドバイスを聞ける点であると思います。

基本的に、情報を集めるとなるとネットで調べてしまいがちですが、やはり合格者の生の声を聞くことは重要です。その人が実践した勉強法や工夫した点を聞いて、自分のものにしたいですね。僕もブログという形で、自分の体験談を発信していますが、ガイダンスに出席して、本物の人間と接することも良いと思います。成功するには成功者を習えということですね。

 

業務説明会に参加

ここからは、もはや必須と言えるレベルの取組みになりますが、業務説明会に参加することはかなり重要です。

以前、面接対策の記事でも言及しましたが、面接では、その官庁(自治体)のことを熟知している必要があります。何も知らないような人間を採用したいとは思いませんからね。志望動機や自己PRなどは、自分とその受験先との相性が抜群であることを伝えるものです。そのためには、自己分析も重要ですが、受験先のこともよく知っておかないとだめですね。

 

これも、ネットでだいたいの情報は拾えるのですが、やはり、信ぴょう性に欠けるものや表面的な部分しか把握できないものが多いです。

業務説明会に参加すると、パンフレットも貰えますし、人事の方から貴重なお話をしてもらえます。それにより、業務内容だけではなく、その職場の人間や雰囲気なども知ることができます。更には、面接で説明会に参加したかどうか聞かれたときにアピールできたり、志望動機に説明会参加の話を織り交ぜて説得力を高めることにも繋がるでしょう。

業務説明会への参加は必須レベルですね。業務説明会の開催については、大学の集会ホールや官庁・自治体の建物で行われることが多く、事前にホームページをチェックしておくことで日程も把握できます。

 

新聞を読む

堅苦しいかもしれませんが、これは時事ネタを知るためのものです。

もちろん、時事については筆記試験で問われるので筆記試験対策の側面もありますが、面接でも時事の知識や時事への関心を問われることもあるんですね。

 

実際、僕は「最近気になったニュースを教えてください。」という質問を受けたことがあります。その時は、新聞を読んで対策をしていたので答えることができましたが、時事について知らなければ何も話すことができませんね。ちょっと時事を知っているか知らないかで印象が変わります。

そのため、毎日新聞を読みあさるのはしんどいと思うので、新聞の一面に載るような大きな出来事や、パラパラめくって興味が沸いた箇所くらいは、切り抜いて保存しておくのがお薦めです。僕の場合は、切り抜いた記事をクリアファイルに挟んで、面接対策のときによく見直していましたね。

時事問題対策や面接対策、ひいては社会勉強にもなるので、新聞の読みあさりは早い時期からしておきたいですね。

以上が情報収集の仕方でした。

上記以外にも、受験生同士の情報交換や色んな手段があると思いますが、僕が実践したものを紹介しました。

参考にしてください。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。

-受験体験記

Copyright© 俺流合格メソッド 〜半年の独学で公務員試験に合格〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.